小児歯科

小児歯科

きど歯科では、お子さんの治療にもカウンセリングを行っています。

以前の歯医者で怖い思いをした、虫歯予防で通っていたけど結局虫歯になってしまったなど、歯科に対するお悩みを解決できるように、まずはお話を伺っております。

よくある質問ですが、『歯医者は何歳から通えますか?』と聞かれます。1本でも歯が生えたら虫歯や歯周病のリスクが発生しますので、診せていただければと思います。

そして、歯医者に通い慣れていただくことが大事であるときど歯科は考えています。もし、万が一虫歯になってしまった時に、いざ治療しようにも治療に不慣れで上手くできない時も多々あります。そこで普段から通い慣れていれば治療に入りやすいのでいい結果が出やすいと考えます。

また、きど歯科ではお子さんに対して顕微鏡検査で無料検査を行っています。子供のお口の中にいるばい菌を動画で見ていただき、更にこのばい菌が親御さんから受け継がれたものであると、親御さんを交えてお話しします。

今後、お子さんが増える、これから妊娠をお考えであった場合、生まれる前から(マイナス1歳からの予防)お子さんのためにまずは親御さんのみでなく、子育てに参加するみんながお口のばい菌を減らしていく必要があるときど歯科は考えていますので、まずは検査だけでも行ってみてはいかがでしょうか?

きど歯科の治療コンセプト

①子供のペースを大事に
基本的には親御さん、お子さんの希望を総合して治療計画を立てて行きます。しかし、治療を受けるのはお子さん自身であるので、その状況を見極めて、行う内容を決めて行きます。初回は、次回に向けての心の準備をするための日としています。初めから痛みがあった場合は治療しなければいけませんが、怖くて歯医者にきているのに無理強いはしません。治療が上手くできるように国家資格をもつ歯科衛生士が二人三脚でサポートして行きます。
②痛みへの配慮
虫歯の治療で全くの無痛で行うことは基本的にはできません。きど歯科の小児歯科では基本的にテキパキ行います。痛みがあれば、ダラダラせずにすぐに止めます。別の機械を使います。どうしても痛みがある場合は麻酔をしっかり効かせて治療します。
③見て安心
これから治療する内容を理解してもらうために治療で使用する道具をしっかり見てもらいます。見たり触ったりすれば、安心してくれるお子さんが多いからです。
④治療の階段
治療に至るまでにいくつかのステージがあります。お子さんが、上手く治療に適応していくためには簡単な治療から馴染んでいく必要があります。きど歯科には治療プログラムがありますので、今まで上手く出来なかった場合も比較的馴染みやすくなっています。

あとは、治療前後の報告です。親御さんにも治療内容をご理解いただくために報告をするようにしています。もし理解しにくい事がございましたら、ご質問していただければ幸いです。

当院が掲載されました!

お問い合わせ

  • きど歯科求人サイト
  • マタニティ歯科
  • 小児歯科
  • きど歯科ブログ
  • 求人情報
きど歯科
【所在地】
〒446-0002
愛知県安城市橋目町宮東179
【TEL】
0566-95-2360
  • 院案内
  • アクセス