一般歯科

一般歯科診療内容

  • 虫歯治療
  • 歯根治療
  • 歯周病治療
  • 入れ歯
  • 被せ物
  • 抜歯
  • 虫歯予防
  • クリーニング

虫歯治療

痛み・虫歯を再発させない治療を行います。

虫歯治療には、進行レベルに合わせて詰め物・被せ物・抜歯など、さまざまな治療方法がありますが、最終的な目的は痛みや虫歯が再発しないように処置することです。

きど歯科は、虫歯の進行レベルを正確に判断し、できる限り本来の歯や神経を失うことの無いように治療します。患者さんのライフスタイルに合った治療で、安心して受けていただけるよう1つずつ説明しながら進めていきますので、不安に思う点などがあればお気軽にお声かけください。

神経を残す大切さ

神経は感覚(温度差等)を司る組織で、歯の中にある歯髄(しずい)という場所に走っています。歯髄の中には、栄養を送る役目の血管も走っています。歯の神経を抜くというのは、この歯髄を取り除くことを指しています。

虫歯の再治療を繰り返していくと、いずれ神経にまで到達してしまいます。一般的には3回目の治療で神経にまで虫歯が到達してしまうと言われています。

そこで歯髄を取ってしまうと、歯の感覚器官がなくなってしまい、栄養も行き届かなくなってしまうのです。栄養がなければ、歯はどんどん枯れ木のように折れやすくなります。そして、感覚が無くなっているので、もし虫歯が再発しても、定期検診に行っていなければほぼ気付きません。

きど歯科では、できるだけ歯髄(しずい)を残して治療できるようにご提案いたします。

神経を抜いた場合

虫歯が大きくなってしまい、止むを得ず神経を抜いた場合は、被せ物による歯の補強が大切です。神経を抜いた歯は枯れ木です。被せ物が嫌といって、神経を抜いた歯を被せ物をしないで治療しても、それはさらなる不幸の始まりかもしれません。

被せ物をせずに部分的な詰め物で処置した場合、歯に裂けるような力が働き、歯が割れやすいのです。適切な被せ物治療をすることで、裂ける力に対して抵抗して歯を守ることができます。

根管治療

不幸にも虫歯菌が神経に入ってしまったら

虫歯治療を懸命に行っても神経にまでばい菌が入ってしまうことがあります。その場合、夜も眠れないほどの痛みが出てしまいます。この場合は止むを得ず神経を取る処置が必要になります。

神経を取る(抜髄治療)時の配慮

  • きど歯科では痛みに配慮した麻酔を行っています。
  • 痛みが激しい時は麻酔が効きにくいことがありますので、処置中に痛みがある場合は知らせていただければ、麻酔を足して痛みをなくして処置を行いますので心配いりません。
  • 神経を取る時に最も予後を悪くさせるのはばい菌の侵入です。きど歯科ではばい菌が特に入りやすい奥歯での神経の治療に配慮しております。『ラバーダム』と呼ばれるゴムのマスクを歯に被せます。これを行うことで、ばい菌の侵入を防ぎます。
  • 歯の根っこの神経が入っていた管は1㎜にも満たない細い管です。そんな細い管の中を裸眼で清掃するのは非常に困難です。それを可能にするのは拡大鏡(ルーペ)です。
    きど歯科で使用する拡大鏡は、心臓外科など医科の手術で使用するのと同じモデルです。歯を拡大して見ることで見えやすい状態で治療できます。
  • 目で見やすくした状態でも、さらに難しいのは根っこの形です。根っこの形は歯を抜いてみないと分かりません。そこで、きど歯科には最新のCT設備を完備しております。3三次元に歯を見ることができるので、歯の形態をしっかり把握することができます。

以上に挙げた設備を駆使して治療にあたります。

神経を取る治療の具体的な流れ

  • 1
    麻酔
  • 2
    虫歯除去
  • 3
    神経除去
  • 4
    根っこの中(根管内)の清掃、消毒(ここまでで1~2回で終わります。)
  • 5
    根っこの中の清掃が終われば、根っこの中を密閉していきます。これで、根っこの治療は終わります。
  • 6
    気になる治療回数は簡単なものであれば2回、難しいものであれば3回程度を想定しています。

この後に被せ物の治療に入ります。

神経を取った後でも…

  • 神経を取った後でも、一生もつとは限りません。
  • 合いの悪い被せ物が入っていたり、被せた歯が虫歯になったりすると、治療した根っこの中にばい菌が入り込みます。
  • 『噛むと痛む』、『疲れると歯がうずく』、『ニキビのような腫れ物ができた、潰したけどまたできた』など、様々な症状があります。

この状態を『感染根管』と呼びます。端的に『根っこが膿んでいる』と言います。この状態になると、再度根っこの治療が必要になります。

感染根管治療の流れ

  • 1
    被せ物をまず外します。
  • 2
    歯の土台を外します。
  • 3
    根っこに詰まっている古い薬を除去します。(ここまでで1回です。)
  • 4
    この治療は、基本的には根っこの管を清掃することです。ただし、中が綺麗になるまで、回数が掛かることがあります。
  • 5
    2~3回清掃と消毒を繰り返して綺麗にしていきます。
  • 6
    清掃と消毒が終われば、中を密閉していきます。
  • 7
    概ね3〜4回掛かります。

この後、被せ物の治療に入ります。

歯周病治療

歯周病菌を減らし、健康な口腔内環境へ導きます。

歯周病菌は、歯茎を減らすだけではなく、骨まで溶かしてしまいます。歯周病治療は、口腔内の歯周病菌の数を根本的に減らし歯周病菌を住めない環境にすることを目標として進めていきます。

また、一通りの治療が済んでも歯茎の状態に変化がない方もいます。その後の踏み込んだ治療のオプションもございます。場合によっては、溶けてしまった骨をある程度再生させることができるかもしれません。歯周病でお悩みの方は是非ご相談ください。

歯周病治療の一般的な流れ

STEP1
無料顕微鏡検査実施中
歯周病菌の検査

きど歯科では、まず歯周病菌がどんなものなのかを顕微鏡で見ていただきます。そして、歯周病ポケットの検査や歯ぐきの腫れ具合をチェックして治療をスタートします。
場合によっては唾液の検査を行い、将来的なリスク判定をする場合もあります。

※こちらは実際に顕微鏡で見た歯周病菌です。

お問い合わせはこちら

STEP2
歯石取りと歯周病菌の除菌

顕微鏡で検査した歯周病菌を減らすために、消毒液を使を使って除菌します。
通常では水を使うので、歯石しか取れませんが、消毒液を使いながら歯石をとるので、除菌も一緒に出来ます。

歯周病が重度であった場合は体を配慮して抗生物質を飲んでから治療に入る場合もあります。そして、定期的に歯石取りをしても、菌が減るとは限りませんので、定期的な除菌をお勧めしております。

STEP3
歯磨き指導

歯石だけ取っていても、最短で1週間で歯石ができてしまう方もみえます。それでは1ヶ月に1回のペースで歯石取りをしても追いつかず、むしろジワジワ悪くなっていきます。当院での治療と患者さん自身で汚れを落とすことができるようになれば、治療もスムーズに進み、治療後も再発しにくくなります。

※虫歯治療と歯周病治療を並行して進めている場合など、歯石取りが一度では終わらない場合があります。また、より踏み込んだ処置になることもございますので、治療の進捗に合わせて説明致します。

入れ歯治療

快適な入れ歯で、口内の負担を軽減します。

虫歯などにより痛んだ歯を抜いた場合は、抜歯して終わりということにはなりません。歯のない範囲が広い場合は、脱着できる入れ歯が必要になります。

入れ歯は、形状はもちろん素材などによって、違和感の有無が大きく変わります。同じ素材で作られていても、なじむかどうかは大きな個人差があったりもします。適切な診断のもとで自分の口に合う、噛みやすい快適な入れ歯をつくることで、日常生活での口内の負担を大きく減らすことができます。

入れ歯のお悩み

「入れ歯が合わなくて痛い」「うまく噛めない」など、様々な悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 入れ歯のお悩みのほとんどは、左右均等に噛めるように調整する、バランスよく噛むように癖をなくすことで解決します。また、入れ歯の素材を変えることで、入れ歯そのものの違和感が大幅に改善される場合もあります。

可能であれば、今お使いの入れ歯をしっかり噛める入れ歯に修理させていただき、型取りなどの負担も少ないように配慮いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

当院が掲載されました!

お問い合わせ

  • きど歯科求人サイト
  • マタニティ歯科
  • 小児歯科
  • きど歯科ブログ
  • 求人情報
きど歯科
【所在地】
〒446-0002
愛知県安城市橋目町宮東179
【TEL】
0566-95-2360
  • 院案内
  • アクセス